pi-opioのお裁縫生活

小物から子供服まで制作の記録

マイクラ好きの子供達とHour of Codeをやってみた【プログラミング学習】

子供達は引き続きマイクラにハマっています。

私は引っ張られる形で、少し進める感じ。

 

4歳の息子との会話の話題はもっぱらマイクラについてです。

 

先日、森の洋館に行きたいという息子とともに、村人との交渉の末、地図を手に入れ、

果てしなく遠い森の洋館にたどり着きました...(-_-;)

 

娘は娘で、朝の支度を早く終わらせ、5分のマイクラ日課にしています(-_-;)

こちらは本を参考にしながら、

大きな球を少しずつ作り上げています。(円じゃなくて、立体!)

 

 

あまりにマイクラ熱が高いので、

これを利用できないかと考え、

イクラを使ってプログラミングができるというHour of Codeという

ものを見つけたので、親子でチャレンジしてみました。

 

 

Hour of Codeとは

 

 Code.orgという非営利団体が行っているプログラミング教育推進運動のことです。

その中に、1時間程で出来る、プログラミング入門のチュートリアルに、マイクラを使ったものがあるのです。

世界中の企業や団体も協力しているそうで、マイクラやアナ雪、スターウォーズなど有名な題材もあり、子供も興味を持ちやすいです。

 

hourofcode.jp

 

今回はその中で、 Minecraft: Hero’s Journeyにチャレンジしてみました。 

 

 Minecraft: Hero’s Journeyをやってみて

 

Hero’s JourneyではAgentに指示をして、

プレイヤーが目的地にたどり着くことを助けます。

 

Agentに前にすすんでほしい時、

前にすすむというブロックを使って、指示を出します。

一つ一つの行動を日本語のブロックで積み重ねて指示していくので、

操作を覚えた後は子供でもできました。

(4歳の小さな手にはマウス操作が難しいようでしたが、すこしずつ出来るようになりました) 

 

f:id:pi-opio:20180626110046p:plain

 

パズルを解く、ゲーム感覚で進められ、とても楽しそうに取り組んでいました。

対象年齢が2年生~となってはいますが、

親子でやれば、もう少し小さくても楽しめると思います。

 

指示のブロックに漢字や英単語が含まれているのが、

対象年齢を上げている要因かなぁ。

 

ふりがなを付けてもらえたら嬉しいですが、

「これなんて読むの?」とか

「線路はどうやってだすの?」とか

親子で会話しながらできたので、不便ながらもこれでいいのかなと思いました。

 

 難しい言葉を使わなくても、感覚的にプログラミングを学べ、とても楽しかったです。

 

子供達と相談しながら指示を出し、

イメージ通りにAgentが動いてくれた時はとても嬉しい!

コンピューターに指示を出し、意図したとおりに動かすのがプログラミングですよね!

 それを実感するのって大事かも(^^)

 

f:id:pi-opio:20180626113409j:plain
f:id:pi-opio:20180626113430j:plain

最後に好きなようにプログラミングができるようになっていたので、

夢中でレールをひく息子。

パソコンを弟に譲り、タブレットでアナ雪のHour of Codeにチャレンジ中の娘

 

 

自宅でもプログラミング学習ができました

 

今後プログラミング教育が小学校で必須化されるそうで、

少し気になる存在だったプログラミング。

専門用語がたくさん出てきたり、とても難しいものだと思っていましたが、

自宅でも楽しくプログラミング学習ができました!

 

 

pi-opio.hatenablog.com

 

パタレ『スモックキャミソール』 プレドゥ コットンダンガリー

先日パターンレーベルさんのスモックキャミソールを作ったところ、

娘の反応も良かったので、さっそく2着目を作りました。

 f:id:pi-opio:20180622101034j:plain

 

 【型紙】パターンレーベル スモックキャミソール ブラウス丈 

【生地】Pres-de 国産20/コットン先染めダンガリー生地 ブラック

【作業時間】 5時間くらい

  

 この型紙、簡単に可愛く出来上がるので嬉しい(^^)

毎週通っている習字の時にも着ていけるように、

墨が付いても目立ちにくい服を作りたくて、

黒のダンガリーにしてみました。

 

日にかざすとほんのり透け感があるくらいのダンガリーで、

ほどよく張りもあり、でも硬すぎなく、さらりとした感じがいいです。

 

エプロンや給食袋に使っていましたが、まだ結構残っていて、

型紙をのせてみたところ、ちょうど生地がとれました!!

 

pi-opio.hatenablog.com

 

pi-opio.hatenablog.com

  

衿のフリルがポイントになるように、家にあった黒いリボンを縫いつけました。

 f:id:pi-opio:20180621134502j:plain

 

生地の厚さはやや薄~普通くらいだと思うのですが、

脇下の、バイヤスと伏せ縫いが重なる部分では手こずりました。

生地が何重にも重なってしまうと、うちのミシンでは厳しい(-_-;)

f:id:pi-opio:20180621152208j:plain

 ここだけ難関で、あとはスイスイいきました。

 

 

 

f:id:pi-opio:20180621162936j:plain

生地が違うと雰囲気もガラリと変わりますね! 

 

 

 

以前、小学生の子向けにあんびるやすこさんの本を紹介しましたが、

最近はこちらがお気に入りです。 

このシリーズは、

お洋服リフォーム支店のお裁縫魔女シルクと、

召使ねこのコットン、人間のナナが、

悩みを抱えたいろいろなお客様の服をお直ししていきます。

森の動物や妖精たち、おばけなんかがお客様として来るのです!

 

どんな魔法を使って、リフォームするの??と思っていたら、

この世界では、お裁縫は魔法を使わずに、手で縫っているもののほうが、

高級品なのです!

シルクはチクチク手で縫いあげていきます。

生地を切ったり、ビーズを縫い付けたりももちろん手作業です。

 

しか~し!

お客様の等身大のトルソーが魔法で出せる指ぬきや、

空の色を布に写し取る染め薬、流れ星のかけらから作ったビーズなど、

不思議な魔法の道具がたくさん出てきます(*^^*)

 

本の中にはシルクの描いたデザイン画が挿絵としてあったり、

小学生の子でも作れるちょっとしたお裁縫のレシピが載っていて、

大人の私もワクワクしながら読んでいます。

 

どちらかというと娘より、私のほうがハマってたりして(笑)

 

 

家事や育児、裁縫、読書、その他いろいろ、

やらないといけないことも、やりたいこともたくさんある中で、

子供向けの本は、短時間で読み終わることができるのがとてもいい!

 

  

少し本を読んで気分転換をしたら、

家事や裁縫、頑張ります!

パタレ『スモックキャミソール』 HARU コットン花柄

娘用にパターンレーベルさんのスモックキャミソールを作りました。

 f:id:pi-opio:20180621113827j:plain

 

【型紙】パターンレーベル スモックキャミソール ブラウス丈 

【生地】HARU 240本80クリスタルローン オリビア カーマイン

【作業時間】 6時間くらい?

  

ドロップショルダーTブラウスと同じく、今回も1日1~2時間くらい作業をし、

3日で出来上がりました。

 

控えめなフリルが上品でとてもいいです!

f:id:pi-opio:20180621114208j:plain

生地はちょっと派手だったかな??と思いましたが、

形になるとすごく可愛い(*^-^*)

 

画像だと、青っぽく写っていますが、地の色はオフでもう少し黄みがかっています。

 

 

122cmの娘に130は大きいかなと思い、丈を3cm短くしました。

これで着丈は120と同じ。

背が伸びて丈が短く感じられるようになったら、

レースを付けて着丈を伸ばしてもいいかなと思っています。

 

 

襟ぐりのゴムは記載されている長さより少し短く調整しました。

袖と腕のラインがまっすぐになるくらいが可愛いかなと思います。

 

袖ぐりは広いけど、涼しいみたいなので いっか(^^)

下着が見えるようなら少し調整しようと思います。

 

 この型紙、袖ぐりはバイアス処理、

見頃の脇の部分では折り伏せ縫いで処理しており、裏側もきれいに仕上がります。

f:id:pi-opio:20180621114502j:plain
f:id:pi-opio:20180621114526j:plain

薄い生地だと裁ち目かがりがうまくいかないので、こういう仕様は嬉しいです。

 

ゴム通し口は簡単仕様で少し縫い残しておくというもの。

 

襟ぐりのフリルは断ち切りでこちらも簡単。

どれくらいほつれるかな?

 

 

着た時のシルエットはとてもきれいなのに、

いろんな部分で簡単な仕様になっており、サクサク進みます!

 

 

こういった処理の仕方を知ることができるのが、

パタレさんの型紙の嬉しいポイントです!

 

着画が撮れ次第、追加で載せておきます。 

  

かわいいなぁ。リバティ復刻コレクション。いつかこんな生地で作ってみたいです。

 

 

 先週、風邪で声帯が炎症したようで、まったく声が出なくなりました。

あんなに声が出なくなったのは生まれて初めてのことで、

声が出ないだけでこんなに不便なのかと思い知らされました。

 

あいさつするのも億劫で、外を歩きたくなくなるし、

子供の忘れ物に気付いたとき、声を掛けるのも一苦労。 

普段どおりの表情で家事をこなすも、主人には機嫌が悪いように見られ、

かなりストレスを感じました。

 

 

数日間、食事中みんなで内緒話みたいにコソコソ話していたのは、

少し楽しかったです(笑)

 

まだしばらくは気温の変化が大きいようなので、気を付けていきたいですね。

 

4歳息子がマイクラにはまった結果、クリエイティブモードでゲームクリアした話

最近、マインクラフトというゲームにはまっています。

息子手術の時の記事にちらっと書いたのですが、

4歳息子、小2の娘、主人、私、家族全員ではまっているのです(^^;

 

そして家族ではまった結果、

4歳の息子が、ついにエンダードラゴンを倒し、ゲームクリアしました!!

 

マインクラフトとは

 f:id:pi-opio:20180621113358j:plain

小学校高学年くらいになるお子さんがいれば、

名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

レトロゲーを想起させるドットテイストのブロックが溢れる世界で、プレイヤーは建物やその他のものを自由に創造することが出来ます。 
未開の土地を探索したり、洞窟を探検したり、モンスターと戦ったり、植物を育てたり、新しいブロックを手に入れ配置することで、様々なものを作ることができます。  

引用元:Minecraft japan wiki

 

ブロックで遊ぶように建物を作るのも楽しいです。

採ってきた素材から道具を作ったり、

育てた野菜を動物に与えたり、

とてつもなく広いマップや洞窟を探索したり、

武器を持って、敵との戦いもでき、

とっても自由度が高いゲームなのです。 

 

  

息子がマイクラでやったこと 【初期】

 

 最初の頃、動物が可愛いらしく、ひたすら餌を与えていました。

その優しく子供らしい姿を見て、母としてキュンとしました。

 

 次に、TNTという爆弾を爆発させることにはまります。

ひたすらマップにTNTを設置し、火打石で爆発。 そして爆笑(-_-;)

すごく楽しそうだけどこんなことさせてて大丈夫??と心配な私。

 

 その後、操作に少し慣れてきたようで、建物を作り始めました。

最初は大好きなTNTで家を作っていたのですが、間違えて爆発させ大泣き。

娘が「TNTは爆発しちゃうから」と海のランタンを使って家を作ってくれました。

 

作った家に村人や動物を住まわせてみたり、

だんだん平和な世界に戻ってきました。

 

そしてこの頃、息子が陰嚢水腫の手術を受けることになります。

その際、病院の待ち時間や術後の時間潰しのため、2冊の本を買いました。

 

 

息子がマイクラでやったこと 【中期】

 

手術が終わった頃から、

小2の娘と共に、本を読み、DVDやyoutubeを見て、

大人の私たちと情報交換をする息子。 

 

始めたばかりの私に、

「たねをもっているとトリさんがついてくるよ!」

「(暗くなってくると)はやくねて!はやくはやく!」

先輩として、いろいろなことを教えてくれました。

 

 

そして、私がサバイバルモードで道具をコツコツ作っている様子を見て、

モノづくりに興味を持ちます。

子供達はクリエイティブモードのため、

ほとんどのアイテムを作らずに入手できるのですが、

自分で作ったつるはしで採掘してみたり、

アイテム欄からダイヤ(!)を取り出し武器を作ってみたり。

私は鉄の剣なのに!

 

息子がマイクラでやったこと 【後期】

 

弱い私でも敵を倒す様子をみて、

敵と戦うことに興味がわき始めました。

今まで敵が出てこない設定で遊んでいましたが、

敵を出るようにし、戦うように。

 

あんなに怖がっていた敵へ勇敢に立ち向かう息子。

こんなに成長するなんて。

勇者を育てる母の気持ち。

 

ついにエンダードラゴンを倒し、ゲームクリアへ

 

 敵との戦い方が身についた頃、

主人にエンドポータルを作ってもらい、いざ出陣。

エンドポータルも息子が自分で作ったのですが、

細かく向きを合わせないと発動しないため作りなおしてもらいました。

 

 

 エンダードラゴンのまわりのクリスタルを弓で破壊し、宙に浮きながら

ドラゴンが回復するのを防ぎ、降りてきたところを近接攻撃。

息子はダメージを受けませんが…

 

ついにエンダードラゴンを倒しました!

DVDの知識を駆使して、見事に一人でやりとげましたよ!

やったよ!さなぴー(笑) 

 

その後、復活させて繰り返しエンダードラゴンと戦うということをしています(^^;

 

 ゲームにはまる子供を持つお母さんへ

 

 子供達がゲームばかりして心配になることもありますが、

自分の子供がどんなゲームを好きなのか、どんな風に楽しいのか、

一緒になってやってみることもいいのではないかと思います。

仲間として応援したり、

情報交換したり、

時にはライバルとして戦ったり。

 

ゲームをする中で、親が決めた時間などのルールを親自身も守っていけば、

時間の管理方法も伝わっていくはずです。

 

なにより家族で共通の趣味があると、会話も弾み、とても楽しいです!

それはどの趣味でも一緒ですね!

いすずさんの生地でミニトートバッグ

ミニトートバッグを作ってみました。

f:id:pi-opio:20180608114043j:plain

【型紙】A4コピー用紙で作成

   【暮らしの音】kurashi-*note さんの作り方を参考にしました

【生地】いずず 『クラウンドット≪約5cmドット≫』 綿麻キャンバス

【作業時間】 2時間くらい

 

 

このトートバッグ、特別な型紙を用意しなくても、

A4のコピー用紙から作れるんです!

 

 いずれ自分用に、しっかりしたトートバッグを作りたいのですが、

うまくできるか不安で、簡単なものから作ってみたいなぁと

ネットで検索していました。

 

そんなときに見つけたのがこちらです。

 

kurashi-note00.com

 

分かりやすく作り方が解説されているので、スムーズに作れました(^^)

眠っていた生地も活用できて、嬉しい(*^-^*)